女性化乳房の原因について

原因は過剰摂取

胸は女性だけが大きくなると思ってませんか?原因は過剰摂取ホルモンバランスの維持を

その際には女性ホルモンはかえって分泌が減少するケースがほとんどの為、女性化乳房にはなりにくいです。
しかし女性ホルモンには美容をつかさどる作用もあります。
また最近ではよりきれいになりたいという男性も多く、女性ホルモンと似たような作用を持つ食べ物を多く摂取する方も増えています。
具体的には大豆や豆腐といった大豆イソフラボンやザクロといった食べ物・栄養素が多いです。
身体に影響のない範囲で摂取する分には問題ありません。
しかし過剰に摂取してしまうと男性ホルモン異常に女性ホルモンの活動が盛んとなってしまいます。
その結果、男性ホルモンの働きは抑制的となり男性らしい骨格や身体特徴は徐々に軽減してしまいます。
またそれは乳房にも同じことが言え、徐々に乳腺が発達し乳房が肥大していきます。
また一度肥大してしまうとホルモンバランスが元に戻ったとしても少なからず残ってしまうことがあります。
それは乳腺が元に戻っても肥大した時に皮膚自体は伸長される為です。
また一度肥大すると身体がその変化に適応してしまう為、変化する前よりも女性化乳房に至りやすいという報告も存在します。
また男性の場合は菌人区を鍛えて胸を肥大させることも可能です。
その場合もバストは大きくなりますが、筋肉と乳房ではその質が大きく違います。